住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

中間領域を考える Column79

2017-04-28

いい感じの中間領域

内でもなく、外でもないちょうどいい真ん中空間

リビングの先のテラス。この季節は気持ちが良いですよね。

テラスがあればどんなことをしたいですか?

 

椅子を出して、

コーヒーも用意して本を読んだり、

昼寝をしたり、

日光浴してみたり、

バーベキューしてみたり・・・。

こんなことが想像されますが、

ただ場所を作れば良いというものではありません。

 

そこをしっかり考えて『いい感じのテラス』にしましょう。

 

まず考えるポイントは

・テラスでしたいこと(具体的に)

・どの部屋につながっているのか(リビング?ダイニング?寝室?)

・道路からの目線はどこまで入ってくるのか(道路と敷地の高さ関係。お隣の窓も)

・日射や雨は吹き込むのか(方角は重要です)

 

それらをいろいろ整理してプランニングすると

『いい感じのテラス空間』に近づきます。

広い空間に入ってお好きなところにお座りください。

という時、壁際から座りませんか?

背中や体の横に壁があると落ち着きますよね。

これ本能です。

 

庇や壁で、良い感じに『囲う』ことができれば落ち着きのある空間になります。

寒くない季節小雨くらいだと、窓を開けて少しテラスに椅子を出しても良いかもしれません。

 

ほどよく低い庇と、ほどよく囲う壁で、『いい感じの囲われ感』になったら、

くつろぎの大敵『目線』のカット。

これには、植栽、塀が有効です。

植栽は、春から秋に葉がつく落葉樹が良いです。

日差しが強くなる頃 葉が茂り、日光浴をしたい頃に落葉する。

良いしごとしてくれます。

 

あったかい季節になってきましたので、夜 少しお酒も良いかもしれませんね。

じっくり練って『くつろぎと癒しの良い感じのテラス』を是非!

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ