住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

三角天井の家005

2015-09-04
三角天井の家005         工事編No.2
天井解体が終わり、屋根裏状況の全容が明らかになりました。
ここからは作り込みを進めていきます。
改修工事で、既存図面がない場合、可能な限り資料と、想定で進めることになりますが、
ここまで来ると、全容把握ができると同時に「想定外な事」も発生しますが、
今回は許容範囲で一安心。
IMG_6763 (1)
既存天井は高さは有るものの高さが利点として感じられず、また間仕切りの多さも
部屋の繋がりを悪くし、実面積よりも狭く感じていました。
IMG_3719のコピー
それを 実面積が感じられる様明るく改修したい!これがご要望でした。
検討した結果 今回は、天井を工夫し間仕切りも整理していきます。
IMG_6782 (1)
IMG_8019 (1)
解決のイメージは「一つ屋根の下」”大きな屋根の下にいろんな部屋がある
”イメージです。
勾配のついた大きな天井を部屋割と関係なく組んでいき、間仕切りも可能な限り撤去。
IMG_7799
しかし、7月中旬の現場は暑い (熱い)。。気温37度 室温38度、天井下地付近の
温度は脚立を一段登るに連れ上昇し、棟の場所で約50度。。。本当に熱い。
大工さん休憩中は扇風機を抱えていました。。これを部屋内部に還流させない様改修
していきます。今までよりも繋がる空間も広くなる為、断熱性能の向上は必須です。
IMG_8036 (1)
下地の完成が見えかけた頃断熱材到着。高性能グラスウール。
ここからが本番。                           つづく。
 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ