住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

掲載・建築ジャーナル Column24

2015-11-02

この度、建築ジャーナルに掲載の好機をを頂き、
都島の家 香里園町の家 亀岡の家 の3作を掲載していただきました。

まずは、このような機会を頂きましたお施主様、関係者様、建築ジャーナル様
に御礼申し上げます。

冒頭

都島の家

外部(空・風)を最大限取り込む為に開き、かつ南の集合住宅からのプライバシーは
確保する。これがテーマとなりました。
内部はリビング・ダイニングを生活の中心とし。そこを取り巻くように個が繋がる
計画となっています。水回りなどの機能部は集中させ、物干し専用バルコニー
を設け、リビング・ダイニングからは目につかない様配置しています。

香里園町の家

南西と東の2面接道の三角地で道路の南西部が計画地盤より2mほど高く歩行者
から敷地内、計画によっては住戸内も見通すことが可能な敷地でした。
あえて最大限解放するリビングテラスを作る為に既存の生垣、植栽は一部再利用し
内部はリビング・ダイニングからも繋がる回遊性を持った空間となりました。
竣工後何度かテラスでの食事にお誘いいただき、外部の目線が気にならず
内部空間の様な「囲われ感」が出てきています。

亀岡の家

空間に対して具体的なシーンイメージをお持ちのクライアントで、今までにない
「住まい」に対するイメージをお持ちのクライアントでした。
ただ、そのイメージは「何かを見た!」程度ではなく、その場所、季節、時間
空気感など、具体的で聞いているこちらが空間がありありと想像出来る。という
レベルで、「イメージから空間を掘り起こす」という様な進み方でした。

これからも
作り手として住まい手の人生観に共感し、躯体性能の高い家づくりをする事が、
住まい続けてなお『住まいの心地よさ』につながる方法だと、今思っている。

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ