住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

間接照明を考える Column92

2017-05-29

超・カタログ DAIKO『間接照明』編

 

大光電機株式会社 の商品カタログ。

ということになりますが、 これは、改めてすごいと思ったので、ご紹介。

発行は、2014年8月(私の持っているものはコレです)

家元あき さん監修の間接照明カタログ。

 

室内の演出としては、光源が見えず、なんとなくぼんやり明かるく、非常に重要な要素です。

 

しかし、

壁を上から、床にかけて、『サァーッと』流れ落ちるウォールウォッシャーのはずが、

 

・器具が近すぎて、壁に『くっきり』器具のかたちが出てしまう。

・そもそもその器具の照度がうまく計画できておらず、間接照明だけでは、部屋が暗く

・他の照明を点灯すると、間接照明の効果が、ほとんどわからない。

・間接照明のはずが、椅子に座ると、器具が見えてしまっている。

・部屋全体の明かりの色と、間接照明の明かりの色が、合っていない。

 

などなど、『残念!間接照明』をよく見ます。

間接照明はただ、照度を確保すればいいということではなく、狙った演出効果を

計画段階から、イメージして、照明器具の選定、照らす面の仕上げ材、取り付け位置、

などなど、複雑に計画した結果、

 

『いい感じの間接照明』になるわけです。

 

そこで、いろいろ照明計画の専門書を読んでみたり、

一般的なカタログのイメージ写真を見て、近い計画空間を参考に設置していると思います。ただ、うまくいかない。

そこで、コレ。

この『カタログ』は。カタログというには、内容が豊富すぎて、

『間接照明指南書』と言ってもいいと思う『超・カタログ』です。

 

先ほどの『残念!間接照明』の失敗は、なぜ起こったのか、

『いい感じの間接照明』になるためには、どのようにすればいいのか。

それはね、と

器具選定はもちろん、照らす面の仕上げ材、広げたい距離に応じた器具の設置位置、など、非常に実務的に、解説してくれています。

 

様々な空間ごとの照明計画も具体的に計画寸法と、結果写真の両面でわかりやすく解説。

よく起こりがちなカラス面の『ミラー現象』についても詳しく解説されています。

 

これは、カタログを超えた 『超・カタログ』です。

私も、よくお世話になる一冊です。

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ