住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

外壁仕上げを考える。 Column124

2017-08-01

外壁仕上げについて考えてみたい

と思います。

 

外壁の仕上げ。

土壁、板張り、塗り壁、鉄板張り、サイディング、などなど。

値段もいろいろで、ご予算もあると思いますので、これの良し悪しについては、

単純に言えないと思います。

 

ただ色に関しては、選択できますね。

私たちは、白、グレー、黒、茶色、をよく使います。

余り華美ではない色。無彩色とアースカラーと言われる色です。

 

これは、なぜか。

私は、以前にも書きましたが、住まいは外構とセットであって欲しいと思っています。

外構計画では必ず『落葉樹、常緑樹』と場所と用途に合わせて選びますが、

この移りかわる葉の色と外壁の相性を考えています。

 

こうなると、相性がいいのは無彩色、ついでアースカラーです。

なので、この様な色のチョイスになります。

 

黒い外壁と、新緑のサラサラ揺れる葉っぱ。これ最高です!

 

そして、予算もあるから・・・・と言いつつも、

やはり、時間の経過とともに、表情が変化する外壁がいいです。

 

板壁のグレーに変色した壁にフレッシュな葉っぱと同居する様子は、

単純に美しいと思うし、お互いに、引き立てあっているとも思います。

 

これが、植栽がないグレーに変色した壁だけだと、『傷んだ壁』と見えるし、

レンガ調の壁の前にある紅葉した葉っぱは、なんだか、ボケますよね。

 

なので、全体の調和を取るために、

表情が移りかわる植物との相性は、主張しすぎない外壁材。

ではないかと思っています。その方が街並みにも程よく馴染んでくれるのでは。

とも考えています。

 

これは、内部も同じ考えなんですが、それは、また改めて。。

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ