住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

意匠設計者として温熱と構造を考えた Column114

2017-07-11

意匠設計者として温熱と構造をどう考えるか。

よく、『意匠と温熱』、『意匠と構造』

という対決図式のように語られる場面を目にします。

 

私は、昨日 『耐震等級3を標準とする。』と投稿しました通り、1件ごとの対応をする設計事務所こそ、

それを前提に進めばいい。 と思っておりますし、

 

温熱に関しても、対比的に扱うことに、今は、違和感を持っています。

 

ちなみに、車に置き換えてみると、

1)  スーパーカーです。燃費は   2㎞/L

2)  国産HV車です。  燃費は 20㎞/L  という2台の車。

 

そして、当たり前ですが『走る。曲がる。止まる。』

という最低限必要な基本的性能は、満たしています。

 

どんな形状、志向にしても、安全性能を満たさなければ

まずは、乗れる車になりません。

 

それを前提に、支払うイニシャルコストと燃料代、整備費用などのランニングコストを含めた、トータルコストから、使い方や、嗜好性から、どちらを買うか、検討するのではないでしょうか。

 

これを住まいに戻すと、

車のブレーキは 住まいの構造。

車の  燃費は 住まいの燃費。

 

いずれも外すことは出来ない項目で、

構造は 安全・安心

燃費は 経済性 を担保します。

それらを担保できるから、安らぎや繋がりにつながるのではないかと思います。

 

単に最低基準クリアやイメージ戦略ではなく、

『構造は耐震等級明示、燃費は燃費計算』など、

内容の見える化をした上で、

 

意匠面として、家族の関わり方や、空間の繋がりを大いに磨いていきたいと思います。

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ