住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

外皮について考える Column103

2017-06-16

外皮について考える。

 

外皮:建物の躯体(壁)の最も外側にある、文字通り『一番外の皮』の部分

これには、屋根も当てはまりますが、今回は壁について。

 

壁は、一番外から、

・外皮(皮膜の部分)

・通気層(空気の通り道)

・躯体(断熱材、柱、部屋内の仕上)

の順にほとんどの壁は構成されています。

 

その内、建物の性能に直接影響する部分は躯体部分で、

・断熱材の厚みと種類で、断熱性能が決まり

・構造を担保する柱や、合板があり

・室内の安らぎを演出する内壁があります。

それを自然環境から影響を大きく受けない様に保護している最前線が、外皮ということになります。

 

その外皮。一般的には、

・左官仕上の壁

・板張り

・板金の壁

など、様々ですが、

こんな風に、ルーバーを外皮にして、また、その長さ、厚み、有無で、模様をつける。

こんなことも躯体性能がきちっと確保できている前提であれば、

面白いのでは。

と思った一枚です。

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ