住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

黒の効用を考える Column129

2017-08-21

さて、本日は、

黒の効用について考えてみたいと思います。

 

テナントビルなどで店舗の出店をする際、設備配管、配線が後々変更しやすいという理由から、

『露出天井』にしていることよくありますよね。

配管や、四角のエアコンが吊り下がった天井です。

最近でも、TSUTAYAの天井とか、だいたいこうなってます。

 

そういう天井って、全てが黒い → ブラックアウト

        全てが白い → ホワイトアウト

 

と言って、黒は、視線が行かない。→ 天井に露出した臓物が目立たない。

という効果を狙っています。(白も全部同じに塗り込めると目立たない)

 

これを空間に積極的に取り入れるとどうなるか。

ということが『考えポイント!』です。

 

さすがに、住宅の室内空間に取り入れるのは、よほど検討しないと怖いところもありますが、店舗空間、パブリックなスペース、住宅でも一部分。

 

そこの造作物だけを際立たせたい。

窓の先の景色だけを際立たせたい。

 

というときは、非常に有効です。

周りが黒くなるので、自ずと、色のついたものが際立つ! ということですね。

淡~い配色の空間に黒の色を少し入れるのも空間が『ビシッ』としまります。

 

あとは、外壁ですね。

私も外壁の黒は、よく使います。

 

黒の外壁と春先の若葉は『鉄板の相性』です。

もちろん、紅葉も相性抜群。

要は、黒の上では色が引き立つ。ということですね。

 

ただし、黒を使う場合は、その分量と材質に特に注意が必要ですが。

 

夕方以降は少し涼しく、セミの声も少なくなってきましたね。

昼間は、相変わらず暑いですが、そろそろ夏も終わりが見えてきそうでしょうか。。

紅葉と、秋刀魚の季節が待ち遠しいです。。

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ