住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

PHアンティチョーク Column134

2017-09-02

久々に、事務所で過ごす土曜日。すっかり朝夕は過ごしやすくなりました。日中も気温は高いものの、雲は高く うろこ雲 確実に季節は進んでいますね。

 

さて、週末土曜日のこんな時間になってしまったので、灯りについて考えてみたと思います。

少し前ですが、初めて実物を見ました。

ルイス・ポールセン PHアンティチョークの 銅版

デンマークのデザイナー ポール・ヘニングセン の作。

 

インテリアショップでもよく見かけるPH5など、一連のシリーズの最上位品です。

 

もともと、1950年代 コペンハーゲンのランジェリアン・パビリオンのためにデザインされたものです。

72枚のシェードで構成され、どこから見ても直接光源が見えない。という特徴があります。

 

ちなみに一般的に見かけるPH5 や PH3 も直接光源は見えません。

 

間接光のみで、灯りとして成立しています。

 

直接ではなく、間接光のみで、照らされる光は見る角度によって違って、目に優しく照らされるものの輪郭も柔らかく照らし出します。

 

これは、照明器具というより、最上の工芸品でした。

ちなみに、製作には25人以上の熟練工が、100以上のパーツを組み立て完成するそうです。

 

土曜の夜こんな灯りと過ごせるような時間はこの上なく、上質なことでしょう。

よい週末をお過ごしください。

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ