住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

手洗/洗面所 を考える Column143

2017-09-27

洗面所の作り方ポイントとは

就学児のいらっしゃるご家庭では、そろそろ『家庭訪問』とかあったりする時期ではないでしょうか。また、子供達の友達も家に遊びに来たり。

その度に、片付けにイソイソ。そこは入らないで・・・! よくある光景ですが・・。

 

さて、住まいの中において、『家族 と お客さん』

ここまではいいけど、『ここから先は見せたくない!』

もしくは、『掃除しないとムリ!』

という、今日は、

『どこまで入って良いんだお客さん問題』

を考えてみたいと思います。

 

まず、お客さんであれば、制限しない場所。 として

・玄関、リビング、 ここまでは、問題なし

・ダイニング    一緒に食事しますよね。

・トイレ      これは当然OK

 

で、洗面所。 ここが今日のポイントです。

洗面所といえば、

『食事前に手を洗う。お化粧直しをする』など、使っていただくのを

制限は難しい。

 

しかし、、洗面所は脱衣室・お風呂とセットになることが多く、

脱衣かご・洗濯機・歯ブラシなど非常にプライベート度の高い空間でもあります。

 

お客さんが来るたびに、結構頑張って掃除。隠す。

まあ、これはこれで、綺麗に保つ一つの方法でもあり、決して否定はしないのですが

 

私はプラン上可能な限り、

『トイレに洗面所を併設する。』

もしくは、

『トイレの手洗いを大きくして鏡を設置。』

して洗面所に近い機能を持たせる様にしています。

 

そうすると、お風呂、脱衣室、洗面所、の極めてプライベート度の高い空間に

お客さんを招き入れることなく、

たとえ片付いていなくても、『かだづいているフリ』も可能です。笑

 

そんな一工夫で、『いつもスッキリしてるね』と言われる住まいになる様にも思います。。

設計で日々の暮らしを少し楽に豊かにすることができるという一つだと思います。

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ