住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

スケルトン改修 WEB版工事編1 Column42

2016-02-01

想い出再生の家 WEB版 工事編 その1

工事編 解体工事と現状再確認です。

ここで補足。「想い出再生の家」の由来です。
今回の舞台は、亡きお父様が奥様とご苦労の末、上棟された「住まい」です。

奥様にとっては、一つ一つが想い出の住まい。息子様御一家と同居されるための改装ですが、特に和室は思い入れのあるご様子。
何回目かの打ち合わせ時に、奥様から「和室はどうにか現状のまま残したい」とのご要望を頂きました。想い出を残す。そして高性能住宅として再生する
これがテーマとなりました。

高気密高断熱改修でのポイントでもある気密工事において、和室の天井・床他、造作を撤去せず、気密を確保するのは、難易度が高くなりますが、奥様の「想い」を大切にするべく、ご要望のまま高気密・高断熱改修工事をお引き受けした事が由来です。

着工前

着工に先立ち、あらゆる箇所を非破壊(壊さずに確認)で検査を行いますが、壁、床下の狭い部分、木造の接合部分など、確認できない箇所もあります。
可能な限り予測し、その場合に起こる事を事前に説明させていただき、着工という事になります。

解体工事着手状況

和室解体はこれで終了。。残す材は痛めないよう養生材を巻いていきます。
天井裏の気密工事どうするかな・・。

内装解体状況

内装解体は進んでいきます。

その中でこういう状態も出てきます。

一見すると外壁を撤去した後の柱とはり。よく乾いています。虫もなし。よし!
ところが

柱とはりがずれている。。通常(現在の通常ですが)外壁を撤去した後の柱とはりはそろっているものです。少なくとも15mmもずれいてる事はありません。こうなるとここに合板を直接貼る事はできません。

改修工事は 現状を受け入れる」これ必須!です。
やむを得ません。断熱方法の変更決定。

足場がかかった事でこのような部分も調査できます。
ベランダ笠木

本来は同じ寸法だけ壁と板金材のスキマがなくてはならない部分、片方はほぼ壁にベチャッとついてます。これはおそらくここから水が入っているのではとおもい、

その足元

やはり、コケ、カビ、そしてスキマ。ここから水が出たり入ったり、そして中が腐ったりするわけです。
今回はこの辺もすべて解体し適切に改修していきます。

特に屋根・外壁は長い間あめ風にさらされます。雨仕舞はもちろん、かべ通気、屋根換気のメカニズムの正確な理解、施工が必須です。まずは、現状把握からですが・・。 つづく。

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ