住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

想い出再生の家 WEB版工事編2 Column44

2016-02-08

想い出再生の家 WEB版 工事編2

解体工事進んでおります。そして予想外の事態続出しております。。

外壁撤去後の柱、梁のズレに始まり、部分的な木部の腐れなど様々です。
「木部の部分的な腐れ」は想定内。
木部の腐れから繋がることの多い
シロアリ被害はありませんでした。
よかった!

和室前の外部化粧まるた垂木

外部に木部の露出した部分、ここは化粧垂木の小口部分。
内部の芯が完全に抜け落ちています。

こちらは元水周りの土台部分

以前ユニットバスに改修された時、土台が腐っていたのでしょう。
補強されていました。
幸いこれ以上の進行はありませんでした。
他、北面、隣の家と近接した壁内は注意が必要です。

即全面養生

およそ、不明確だった部分も解体撤去が完了したら、即養生です。

高気密高断熱改修の場合既存解体後、工法の変更、段取り替えが起こります。
その期間に一番怖いのが雨による水濡れです。雨濡れは木部、土壁が雨に濡れる事で含水し、そのまま気密工事に進んだ場合、容易に結露、悪くすれば、木部の「腐れ」に繋がります。
よって、解体完了=即養生です。

やね下地工事

形状を入母屋から切妻へ変更。こちらも作業完了後 そく養生の繰り返しです。
架構が濡れているように見えるのは雨ではなく「高濃度ホウ酸処理」のあと。水溶液を噴霧して処理します。

トップライトの開口も完了です。

奥の和室は養生継続中。

しばらく誰も入れません。。

それにしても木造の架構は美しい

この架構を少しでも多く見せられるよう、天井高さ調整していきます。

ようやく、次回から作り込みが始まります。 つづく。

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ