住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

想い出再生の家 WEB版着工 Column34

2016-01-12

想い出再生の家 WEB版 計算~着工

スケルトン改修大改造‼︎劇的ビフォー・・・」的に柱と梁だけ残して全部解体。これです。
現状の躯体(基礎、柱、梁、などの骨組み)のみを残し、仕上げ材のほぼすべてを交換する改修工事。

さて、すまいの改修の目的とは何なのでしょう?
1、すまい手が増えるので、間取りをかえる。
2、傷んでいる部分を修理する。
3、寒い!なんとかしたい‼︎。

こんな感じでしょうか。

ここで、重要なことは現状を正確にはあくし的確な修理・改修をすること。です。
建物骨組みの健康診断:これは工事範囲決定と工事費用に関わってきます。
そして
改修前後の燃費計算:これは工事費用とランニングコストそして改修後の快適性!に関わってきます。

そして多くの場合、初期工事費用を気にしがちですが、
どの住まいにも光熱費(ランニングコスト)がかかります。
それを温熱計算であらかじめ目安をはあくする事ができます。

車を買うときに気になる「燃費」これの「住まい」版です。

今回の改修物件は
現状:お母様お一人暮らし
計画:息子様ご家族(主人+奥様+高校生の息子さん+中学生の娘さん)合計5人。

そのみなさんで、ある程度快適に生活しようとすると エネルギー使用(光熱費)はこうなります。

年 間 暖 房 負 荷:351.72Kwh/㎡・年
一次エネルギー使用量:491.38Kwh/㎡・年
快適に暮らす光熱費¥808.473-

これ、木造在来工法 断熱なしの建物で家族5人がある程度快適に生活するために使用するエネルギー量です。分かりやすいように下に光熱費の目安も合わせて載せています。
冬は常時ファンヒーターを、夏はエアコンを最大運転という感じでしょうか。

こんなに使わないよ! という場合・暖房を使わず、「我慢」していないでしょうか。
「暖房の代わりに我慢」これ危険です。健康被害も明らかになってきています。
この部分はまた改めて。

しかし、これを自然の力「太陽の熱に素直な住まい」を作る事でこうなります。
南に大きく解放された敷地の為、その太陽の力を最大限利用する計画です。

年 間 暖 房 負 荷:34.74Kwh/㎡・年
一次エネルギー使用量:101.51Kwh/㎡・年
快適に暮らす光熱費¥260.249-
こうなります。

寒い冬にはダウンジャケットを着るように
暑い夏は麦わら帽子を被るように建物を改修していきます。
具体的な方法は また次回。 つづく

 

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ