住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Policy 大切に考えていること

住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる

私たちEee worksの住まいづくりのゴールは
豊かな暮らしの器を作ること。

安全で健康に暮らせる住まい。
そして
みんなが笑顔で過ごせる住まい。

住まいづくりはもっと自由にもっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。
安全・健康であることを前提に
快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い

性能の先の豊かさを考える。
これが私たち Eee worksの仕事です。

住まいの安心・安全とは 
ここ数年、自然災害、地震の脅威が増しています。
これらに数値で裏付けられた性能でしっかり対応する。
これが、住まいに必要な当たり前の機能です。
2018年は災害元年と言われ、以来全国各地で地球温暖化の影響により巨大化した台風、また大雨による自然災害が毎年起こっています。
また、
南海トラフ大地震を始め地震の脅威もますます高まっています。
これらで起こることを、もう”想定外”とは、言えません。
これらの脅威に対し
私たちEee works は、
許容応力度計算による 耐震等級3 耐風等級2 を基準に設計しています。
私たちのような意匠設計事務所が、耐震等級3を確保することは、プランの自由度がなくなるのでは?
そう言われることもありますが、そんなことはありません。
耐震等級3をクリアし、その上でプランにこだわり、形を磨きあげることが私たち意匠設計者の仕事です。
どんなにかっこいい車でもブレーキがなければ、安全に乗れないのと同じで安全であり、安心して健康に暮らすことは、すべてに優先する基本性能だと考えています。
冬寒く、夏暑い家。これは、四季のある日本では当たり前?
冬に19000人もの人が、住まいの性能が低いことが原因で家の中で亡くなっているという現実。
住まいの性能が低い=耐震性能が低い+断熱性能が低い
特に断熱性能が低いことにより、年間19000人もの方が、
ヒートショックにより、自宅で亡くなっています。
断熱性能・気密性能の低い家は、”穴の空いた袋”の様に熱を内にためておくことができません。
家から抜け出た空気の代わりに外の冷たい空気が入ってくる。
これが、冬場 足元が冷たい・暖房しても部屋が寒い原因です。
外で風が吹いているわけではありません。
暖房や、人の熱気で温まった空気は軽く部屋の上にたまります。
伱間がなければ、そのまま部屋を暖め続けますが、
伱間があるから、漏れてしまう。
漏れた空気の代わりに下から重く冷たい空気が入ってくる。
足元の寒さ・部屋の寒さは、漏れた熱気の代わりに重く冷たい空気が入ってきたことが原因です。
温かい空気は上へ。冷たい空気は下へ。
これは、何をどうしても変えられない物理の法則です。
対策は、『漏れなくする=気密性能を上げる』これが最も効果的です。
そしてこれは、暖房している部屋だけで起こり、
暖房のない部屋・廊下は外の空気と馴染んで外気とほぼ同じ室温。
その寒さをしのぐために、熱い風呂に肩まで浸かる。
その過程で、血圧が乱高下し血管・心臓が保たなくなる。
これが、ヒートショックのメカニズムで、年間19000人の方が命を落とされています。
明日への活力を養うはずの住まいで こんなことは あってはならない。
冬も夏も四季を目で感じる高性能な窓の魅力
暑さ寒さは、外の話。住まいの中は、適温・快適湿度で
冬は室温20℃湿度50% 夏は室温27℃湿度50%を目安に!
日本には、四季があり、空の色、雲の形、植栽の葉の移り変わり。
様々な四季を感じる豊かな自然の移ろいがあります。
冬は雪を景色として窓から眺め、
春は窓の外に芽吹く新緑
夏は茂った緑の葉で日射を遮り
秋は窓一杯の紅葉を眺める。
窓を通じて自然のいい所どりをする。こんなことが高性能住宅では
暑さ・寒さなく実現可能です。
性能を無視すると、せっかく作った大開口も暑く寒いだけの窓。
窓の結露から、カビが発生したら、健康被害にもなりかねません。
大きな窓がその本来の魅力を発揮するためには、窓の性能がとても大切です
そのためには、樹脂窓、木製窓など性能の高い窓が必須です。
私たちEee works は、すべての物件を
HEAT20 G2グレード以上 で設計し、暖房負荷・冷房負荷を
計算により、確認・明示しています。
樹脂の窓は窓枠が大きく、見た目がイマイチ・・??
そう言われることもありますが、それこそ、意匠設計の出番です。
窓枠を美しく見せるための納まりを考えればいいだけです。
どんなに窓、前後の景色が素晴らしくても、暑くて寒い窓は、
魅力以前にカーテンで遮断されるだけ。
与えられた条件を磨きあげる。
それが、私たち意匠設計者の本来の仕事です。
Eee worksが考えるDesignと性能とは
無謀な大空間ではなく、耐震等級3に裏打ちされた大空間。
気持ちで開けた大開口ではなく、熱の出入りをコントロールした大開口
それを実現するためには、
まずは構造計算。
そして製品単体の断熱性能から、家全体の温熱性能を計算する。
大きな窓の熱の出入りも数値で把握できます。
窓を通じて自然のいい所どりをする。これが、正しい取り込み方だと考えています。
構造計算や、温熱計算を学ぶと、それがデザインの邪魔をするものではなく
むしろ助けてくれるものだと分かります。
住まいは暮らしの器
機能はデザインに優先する
これが私たち Eee worksの考える
住まいに必要な性能です。
さて前提の性能はここまで。
ここからが、楽しい住まい計画です。
たのしい住まいとは
何の制約もなく自由に住まいが作れるとしたら
さあ、どんな空間が楽しいですか?
住まいづくりは、構造、断熱性能の他にも 予算、法律、敷地、日当たり、お隣さん、材料など、考えることが盛りだくさん。
しかしそれらを私たちに任せてしまって、家づくりを通じて味わえる家族との時間、話し合った希望、を存分に盛り込んで楽しんでみてはいかがでしょうか。
住まい作りの決まりごとは、一旦横に置いておいてください。
子供の頃に夢みた家、趣味を満喫する家、
海に沈む夕焼けを見ながら温泉に入りたい!
こんなところからスタートしてみませんか。
不可能な事でも問題ありません。家づくりにつながるいろんなヒントがあるはずです。
それは、あなただけの住まいになる一番の近道かもしれません。打ち明けてみて、それがカタチになったらしめたもの。言うのはタダです。(笑)
今までで、一番気持ちの良かった場所は
どこですか?
山頂でも、海でも構いません。昔泊まったあの部屋からの夕日が最高だった。
あのレストランの奥の席。おばあちゃん家のミシンの下。など、など。
直接的ではなくても、好きな空間づくりのヒントになります。これとっても重要です。
家づくりは一番落ち着く場所作りであり、明日への気力を充電する場所作りだからです。人それぞれ”いい場所”はちがうはず。それを発見できればしめたもの! 自分だけの”いい場所”作ってみませんか。
内でもなく外でもないちょうど良い『中間領域』
毎日のお弁当も、そとで食べるといつもより美味しい。
こんな経験ないでしょうか?
これも、住まいに取り込んでしまいましょう。
内でも外でもないちょうどいい間の空間。
リビングからフラットにつながるデッキ、バーキューができる屋上。
家にいながら露天風呂。
居心地のいい場所は決まりごとを少し外したところにいつもあるように思います。
快適な暮らしとは
テキパキ片付け、ムダなく動ける、ストックも適量適所!
慌ただしい家事時間。食事、洗濯、家族・子供にも目を配り、いつもの慌ただしい時間も、設計の工夫でスッキリはかどります。
キッチンに併設されたパントリー、扉一枚で洗面所にもつながり、同時進行中の洗濯もすぐに手が届く。
冷蔵庫も、あえて離すことで、飲み物を取りに行く導線と重ならず、食事の準備もスムーズです。
ダイニングから中が見えないこともメリットです。
毎日の暮らしは家族ならでは。
丁寧に反映しよりスムーズでコンパクトな動線に!
収納計画は適量適所がキモです。
住まい計画で、最も大きな関心事の一つ。 収納計画。
大きな収納、量をたっぷり取れば解決か。
残念ながら、収納は、多く取ればいいというものでもありません。
部屋が片付かない大きな理由は、『とりあえず置き』をするからと言われています。
本来の収納位置が遠い。とりあえず置いて後で片付けよう。
そしてそのまま置きっぱなしになり、片付かない。
そうならないように、収納は必要な場所にあることがとても大切です。
そして量も大切。
収納するものに対して深すぎる奥行き。手前にものを 置いたら、奥のものが取りづらい。次第にわからなくなって、気がついたら、同じものが、奥にも手前にも。。
なので、収納計画は、適量適所 がキモです。
住まいのいろんなコスト
ランニングコスト自分で選べます。
費用を抑えて建てたつもりが最終的に高くなってる?!
住まいに対するコストは大きく分けて2種類。
一つは建築費などのイニシャルコスト。
もう一方は光熱費、補修費などのランニングコスト。
どちらを重視すれば、最終的にお得になるのでしょうか?
高気密・高断熱・耐震等級3 どれもいいのは分かるけど、
費用が高くつく。
確かに、耐震性も断熱性も低く設定すれば、イニシャルコストは下がります。
しかし、その性能をカバーするために、使われる暖房費・冷房費
もしくは、暑さ・寒さの我慢。
いずれも、光熱費・医療費などランニングコストです。
化石燃料価格は今後更に不安定になりそうです。変動する光熱費。
そんな不安定なものを多く払い続けるよりも、
ランニングコストは最小限に抑えるための性能アップして快適な空間を手に入れるためにイニシャルコストとして使う。
そう考えてみてはいかがでしょうか。
家にも燃費があります。
車を買うときに外観、大きさ、用途と同等にもしかしたらそれ以上に燃費性能は重視しませんか?これ、家も同じです。
車と同じで、家も性能によって燃費が変わります。家の性能とは、室内の温度を調整するために、使う暖房や冷房をどれくらい必要とするかという意味。
高性能になるほどもともと、温度差がなく、冷暖房の出番が少ないという事。
温度差が少なくなれば、家中春先のように楽に過ごせませんか。
最終的に支払う費用であれば、家族が快適に愉しく過ごせるための費用として積極的に選択してみませんか。
これらが、
私たちEee works が大切にしている事の一部分です。
住まい手の想いに寄り添い 納得いく予算で 浮かび上がるカタチを磨き上げる
これが私たち Eee worksの仕事です。
カタチの話、仕上げの話、材料の話、まだまだあります。
続きは・・
お気軽にお問い合わせください。
▲ページTOPへ