住まい手の想いに寄り添い
納得いく予算で
浮かび上がるカタチを磨き上げる


住まいづくりはもっと自由に、もっと楽しみながら出来ると私たちは考えています。快適でたのしみのある住まい作りのお手伝い。これが私たち Eee worksの仕事です。

一級建築士事務所 Eee works

Column コラム

Column 004

2014-11-04

Column 「省エネ ≠ 我慢」  14/11/04 No.004

暖房の出番もそろそろかなという季節になってきました。

夏の終わりには大雨、台風、災害と色々と自然の猛威を感じる事も多く有りました。

被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

強大化している台風 感じにくくなった四季化石燃料 省エネ ヒートショック光熱費 節電 ・・・

 

これ全て密接に関わりのある話なんです。

今年は全原発がストップして初めての夏という事で、

以前に増して「節電」が呼びかけられました。

省エネ=使用エネルギーの削減

本来はこうなのですが、日本では少し様子が違って

ここに「我慢」という事が含まれてしまうのです。

そしてその象徴は「エアコンの温度設定を28度に」

というあれです。

夏場、家庭で使用される電力は全使用量からすると

微々たる量にも関わらず、家庭では出来るだけ

エアコンを使わないという節電方法で「熱中症」

にかかる事故が多く報道されました。

img1ea958aazikczj 2

「質素、倹約を旨とすべし」勿論  、足るを知る事は大切な事だと思います。

しかし、倹約が命に関わってくるとなるとこれは問題です。

そもそも、省エネがなぜ命に関わる様な事になるのか。 それは住宅環境(温熱環境)の悪さだと思うのです。

住宅環境(温熱環境)を改善するとこれは大幅に改善され、「省エネ ≠ 我慢」では無くなるんです。

楽々と快適に省エネが出来る住まい。 これが節電時代に求められる住宅像だと思うのです。

次回はこの話のつづきを。

 

 

 

 

無料相談会へのお申し込みは、お気軽に下記よりどうぞ!

お電話は月~土曜日AM9:00-PM8:00まで
メールは24時間いつでもどうぞ

  • お名前(必須)
  • ふりがな(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • お電話番号(携帯可)

▲ページTOPへ